randy weston melba liston volcano blues

Randy Weston Melba Liston / Volcano Blues

Band leader and pianist Randy Weston was a genius who fused West African traditional music with modern jazz. For several years, his music was arranged and directed by female trombone player Melba Liston. Volcano Blues is a magnificent work with a large any horn section and percussion, including Hamiet Bluiett’s baritone saxophone. There is a universal charm to this music that feels timeless. Melba Liston’s name is not well known these days, but she is a wonderful female musician who arranged for many jazz giants such as Dizzy Gillespie from the 1940s to the late 90s. I want more people to know her work and lasting legacy.

西アフリカの伝統音楽とモダン・ジャズを融合させた鬼才ピアニスト、Randy Westonのリーダー作ですが、過去にも彼の作品の多くを手がけてきた女性トロンボーン奏者メMelba Liston がアレンジ&ディレションを担当した1993年の作品です。Hamiet Bluiettのバリトンサックスをはじめ、多くのホーンセクションとパーカッションが加わった壮大な作品で、何度聴いてもこれが90年代の作品?と耳を疑うほど、時代を感じさせない普遍的な魅力があります。Melba Liston名義のリーダー作はほとんどないため彼女の名前はあまり知られていませんが、1940年代から90年代晩年までディジー・ガレスピーをはじめとする多くのジャズのアレンジを手がけてきた素晴らしい女性音楽家です。彼女の作品をより多くの方に知ってもらいたいと思います。

DJ Otsuka

Subscribe on Mixcloud